蛇口が故障した際の水道の修理

水を止めたにもかかわらず、水道の蛇口から水がポタポタと垂れてくる、または蛇口の根元から水が漏れているといったようなトラブルは、家庭でよく起こっています。水漏れを放置していると、余計な水道代がかかるというだけではなく、さらにひどい水漏れトラブルへと発展する可能性もあります。最悪の場合、漏れだす水の量が増えて、気付いた時には床が水浸しになっていて階下の部屋にまで水が浸透してしまうということも考えられます。水漏れしている原因や場所を突き止めた上で、速やかに修理をしましょう。

■蛇口の水漏れには交換が効果的

蛇口の寿命は、一般的には10年前後と言われています。よく使う場所なら使用回数が増えますので、それだけ寿命も短くなることもあります。また、タイプや構造によっても耐用年数は異なります。
もしも蛇口から水漏れがしていて、劣化したゴムパッキンを交換したりゆるんだナットを締め直したりといった修理作業をしても水漏れが直らない場合は、寿命である可能性もあります。古いものから新しいものへ蛇口 交換しましょう。
交換の作業は、ホームセンターや工具店で新しい蛇口と工具類を買ってくれば自分でも行うことができます。ただし、施工が甘いとそれが新たな水漏れやほかの不具合の原因となってしまうこともありますので、交換作業はプロの業者に依頼する方が確実です。

■蛇口の種類は利用シーンに合わせて選ぶ

近年では、様々な種類の蛇口が一般家庭向けに販売されています。最新のものに交換すれば、使い勝手が悪いなどの不満を解消できるかもしれません。利用シーンに合わせて最適なものを選びましょう。
水を出したり止めたりするだけのシンプルな構造のものを単水栓と言います。構造がシンプルなため、耐用年数が長く、壊れたときにも修理作業が比較的容易です。
ツーバルブ混合栓は、水栓の仕組みは単水栓と同じですが、湯と水を同時に出すことができます。シングル混合栓は、レバー式のハンドルで湯と水を同時に出すことができ、水の量や温度の調節もできます。サーモスタット混合栓は、給湯器のお湯の温度や水圧がの変動に強く、出す水温を一定に保つ機能があります。それぞれ台所、お風呂、洗面所用などそれぞれの場所に適した商品があります。

■まとめ
水栓は、シンクや洗面所などの台に付いている台付きタイプと、壁に付いている壁付きタイプに分かれます。台付きタイプは、水と湯の管の配置によってワンホールとツーホールに分かれます。壁付きタイプは、水と湯がどちらも出るかどうかで壁付き混合水栓と単水栓に分かれます。タイプによって取り外し方や取り付け方、また取り付けできる蛇口のタイプが異なります。自分で調べても分からなければ、水道修理業者へ相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ