台所の水道の修理

家庭になくてはならない台所の水道で何か不具合が起こったら、日常生活に多大な支障をきたします。軽度の水漏れから給湯器の故障まで、台所では様々な水回りのトラブルが起こり得ます。普段あまり見ないようなシンク下の配管も、掃除のついでに自分でチェックし、問題が起こってないか目視で点検しておきましょう。

■台所で起こる水道のトラブルと原因

台所でよく起こる水回りのトラブルは、水道の各設備の水漏れです。水漏れの原因の多くは、設備や使用パーツの老朽化や破損、各パーツの接続部のゆるみなどです。原因がはっきりすれば的確な修理が行えます。止水栓を閉めてから水漏れしている場所と原因を特定し、修理作業を行いましょう。シンク下の止水栓は、キッチン用品を収納するスペースの奥にある配管についていることがほとんどです。マイナスドライバーを使って閉めるタイプや手で閉められるタイプがあります。シンク下の止水栓自体から水漏れしていることもありますので、その場合は水道のメーターボックスの中の止水栓をすぐに閉めてください。
排水栓や蛇腹ホースに亀裂が入って水が漏れるケースも少なくありません。蛇腹ホースは耐久性がそれほど高くはないため、水漏れを起こす前に交換することを心がけましょう。

■トラブルの対処法について

ホームセンターでも売っている基本的な工具で、台所の水道の修理作業にもある程度自分で対応することができます。プラスドライバーやマイナスドライバーはもちろん、六角レンチ、モンキーレンチといった工具が市販されています。ボルトやナットのゆるみが原因で水漏れを起こしている場合は、工具で締め直して様子を見ます。他にもパーツの交換にも工具が揃っていれば役立ちます。
粘土のような水漏れ止め専用のパテを使って穴を埋める方法や、配管に巻き付けて水漏れを止めるためのテープを巻く方法もあります。いずれも種類があって、適切な商品を選ぶのは素人には難しいものですし、使用するのにもコツがいります。正しく使用しなければ時間や労力が無駄になってしまいますので注意が必要です。

■まとめ
台所の水道の修理は、使用されているパーツが多いだけに、原因や場所の特定が難しいことがあります。また、原因や場所が分かっても自力で修理することが難しい場合も多々ありますので、そんな時には無理をせずに修理業者を呼んだ方が手っ取り早いでしょう。特に、複雑で危険を伴う給湯器 修理は業者にお任せしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ